最初で最後の、最愛。

忘れよう、朽ちよう。

雑学&考察ブログをやってわかったこと

 

お題「今日の出来事」

 

 

f:id:juliajewelkali:20191231201237j:plain

 

ぼくがこのブログに登場するようになったのは最近だよね

 

今年の元日から、このスタイルを取り入れました

 

雑学ブログへと移行した理由

 

 前は、ただの日記を書いていた。

 

 その頃のPVは一桁か、多くて40とかだったと思う。正直、一般庶民の生活なんて誰も興味が無いから当然の事。

 

 雑記ブログで書いてた内容は、読書感想文やビジネス、哲学や心理学、仮面ライダーなど何でもありだった。

 

 これには読者層を広める意図があって、そのおかげもあり、去年は読者数が100人以上増加した。ネタは尽きないし、PVも倍以上に増加するなど、良い事尽くし。

 

 でも、今年からはあえて雑学&考察記事に絞った。というか、主に雑学を扱ってるんだけど。

 

 これには、雑記ブログ時代の反省点が活かされている。

 

 例えば、仮面ライダーの記事。前シーズンに書いた感想記事なんてコアなファンでも読まないし、ビジネスのノウハウだって年々新しいものが生まれている訳だから、 古いものなんて閲覧されない。

 

 でも、雑学はどうだろう。広く知られていない知識は、恐らく来年も認知されない。という事は、意外性が残り続けて、閲覧される可能性を秘めたままになる。

 

 つまり、賞味期限が無い。雑学記事は、過去の産物となっても未だにアクセスされ続ける。それを雑記ブログ時代に気付いたので、雑学を多く扱う事にした。

 

ドラマの考察を投稿する理由

 

 アニメや映画などのコンテンツに対する考察は、前までマニア向けのものだったように思う。例えば、『放送禁止』や『eveのすべて』なんて作品も、よほどのエンタメ好きじゃないと考察しないと思う。

 

 その考察を書いた記事は、作品が公開されてから10年近く経っているというのに、記事を投稿してから1年近く経っているというのに、未だにアクセス数上位にいる。

 

 

juliajewelkali.hatenablog.com

 

 

 『あなたの番です』というドラマが放送された頃くらいだろうか。ライト層へも考察という文化が浸透するようになって、エンタメ好きに広く知れ渡るようになった。

 

 それによって、考察系YouTuberというのも生まれた。この流れに乗る為にも考察を扱いたいけど、お恥ずかしながら映像コンテンツを制作するノウハウなんて無い。という事で、試験的にあな番の考察記事を投稿した。

 

 

juliajewelkali.hatenablog.com

juliajewelkali.hatenablog.com

 

 

 するとどうだろう。約1000PVにまで跳ね上がったではないか。この体験があるので、次期に放送された『ニッポンノワール』の考察記事も出した。これも同じ位アクセス数が伸びた。

 

 

juliajewelkali.hatenablog.com

 

 

 上の4つを公開した事による成功体験から、考察記事も熱を入れて投稿するべきジャンルである事を学んだ。

 

 今期の考察ドラマも扱っていきたいんだけど、俺は夜中まで仕事してるし追い付ける自信がない。あな番やポノワみたく最終回前後にまとめて考察を落としていければと思う。

 

都市伝説をたまに扱う理由

 

 オカルト系ブログという程でもないんだけど、たまに都市伝説は扱っている。オープン・シークレットというカテゴリーで投稿しているのがそれだ。

 

 小学生の頃から友達とオカルトチックな話をするのが好きだったし、宇宙人や陰謀論にはロマンがあると思ってる。好き嫌いが分かれるジャンルだとは思うけど、これも過去記事になったってアクセスされ続ける。

 

 なぜかというと、古くから日本人は都市伝説的なものが好きだからだと思う。疑似科学とか、そういう魅力的な事柄に引かれる人は一定数いるんだ。未だにフリーメイソンとか特番で放送されるし、スピリチュアル系はトレンドに上がったりする。

 

 そういうとこから入った初心者にも、もちろん中級者向きのものも投稿している。だから、何年経っても読まれやすい。雑学や考察と同様、古くなったってアクセスされる記事となる。

 

 語弊が無いように言っておくと、俺はオカルトを真に受けてる訳じゃないからね(笑)

 

 あくまでエンタメの一つとして楽しんで良ければと思う。

 

最初で最後の、恋愛。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。