最初で最後の、最愛。

忘れよう、朽ちよう。

おばあちゃんが教えてくれた行動のススメ

お題「今日の出来事」

 

チャオ!

 

やりたい事だけをしていたい

 

ビッグボーイですううう!!!!!

 

 小学生の頃、おばあちゃんが言ってくれました。

 

 「遅いよりも、早い方が良いんだよ」

 

 何事も、挑戦する時にあーでもないこーでもないと考えたり、準備をしてから行動をするより、とりあえずやってみなさい。それが、おばあちゃんの教えでした。

 

 何か行動を起こす時、例えばそれはサーフィンでも良いし語学留学でも、「アレコレこういう利益を得られるからこうした方が良いんだな。それで、こうやって物事を学ぶのがコツだし効率的だからこうやれば良いのか」などと念密な準備をするより、「あ!これ面白そうだからやってみよ~!」と率先して行動を起こす方が沢山の経験が積めるのではないでしょうか?

 

 おばあちゃんは情報収集を否定している訳じゃありません。興味関心があれば積極的に行動を起こし、それが自分に合わないのであればさっさと退散すれば良い。何やかんやと考えてから実践するのとでは、時間的な効率も違ってくるでしょう。

 

 例えば蕎麦の打ち方は検索すれば無料で学べます。しかし、頭に留めていた所で絶対にちゃんとした蕎麦は打てません。実際にやってみてこそ、「こういう事だったのか!」と解かる訳です。

 

 

 自分に適していないならさっさと辞めて次のやりたい事をやる。時間をかけて下調べをしてからやってみて合わなかった、というのも確かに素晴らしいでしょう。俺みたいな人より知識量で差が付けられます。それはそれで素晴らしい生き方だとは思うんですが、俺は上記の生き方をしています。

 

 あくまで俺の偏見なんですが、下調べをしている間は大して自分自身への成長向上に繋がらないと思います。例えば俺は蕎麦職人なんですが、元々は家族とも口をきけないような人間でした。ですが、自分自身を変える為に飲食業へ飛び込むことを決意。もし、業界の事を調べて「こんな世界、俺に合うはずがない」と確信していれば、今の俺はなかったでしょう。

 

 下調べして思い浮かべる現実は、意外と当たっていないものですね。俺はトップダウン型の人間ではなく、どちらかというとボトムアップ型であり、「この目標の為にこのような学び、経験が必要だろう」なんて戦略を立てる事をあまりしません。やりたい事、したい事を積み重ねった結果が現在の自分であり、だからこそ俺は後悔しないのかもしれません。

 

最初で最後の、恋愛。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。