最初で最後の、最愛。

忘れよう、朽ちよう。

誰とでも 15分以上 会話がとぎれない! 話し方 66のルール

お題「好きな作家」

 

チャオ!

 

雑談が苦手な

 

ビッグボーイですううう!!!!!

 

 題名に「話し方」と書かれていますが、冒頭から聴き力について書かれています。

 

 まず、初対面の人などと会話をするのに考えるべきは、話しかけやすい人かどうか。

 

 会話できる状況に持ち込まないといけないので、「全然話しかけてもらって大丈夫ですよ~!」っていう姿勢を築きあげておく事が大切です。そこからようやく話し方の勉強・実践が行える訳ですね。

 

 

 この本を読んで反省したのは、俺が人と会話をする時にやっていたのは『情報交換』だったという事。質問をして何らかの返答が得られればそれでいい。そういう対話をしていれば会話が続かないのも当然です。

 

 でも、10分以上会話が出来ている方々を視ていて思うのが、情報の投げ合いじゃなくて共感のキャッチボールをしているという事。それは、この本にも大切な事柄として書かれています。

 

 

 さて、本題に入りましょう。共感のキャッチボールとは、どういう事か。

 

 

 例えば、体調の悪い友人、同僚が居たとします。

 

 俺だったら「〇〇っていう病じゃない?」などと言って病院へ行く事を勧めてしまいます。でも、そんなこと言われなくても向こうは解かっていますよね。この場面で言うべきは「しんどそうだね~、大丈夫?」などといった労いの言葉。

 

 

 また別の例え話をするなら、相手が自分の興味ない、あるいは知識のない分野の話題をしてきたとします。

 

 ちょうどこないだ上司にプロレスや車の話をされたんですが、「興味ないんで」と言って会話を切ってしまいました。これじゃあコミュニケーションが取れません。

 

 この本に書かれている技術を使うなら、下記のようになります。

 

 「生でプロレスを見たら臨場感があって面白そうですね」、「休日にドライブしたらストレス発散になりますよね」

 

 自分がわからない、知らない話題で話しかけられたら、相手からエピソードトークを引き出す。向こうはそれについて語りたいはずなので聞き手側にまわり、相槌を打ちながら「楽しそうですね」などと返事をする。相手へ共感する事で、会話を伸ばす事が可能です。

 

 ただただ質問しまくるだけじゃ尋問と変わらず、問いが思いつかなくなったら会話が続きませんよね。これでは相手にとってキャッチボールにならず、球拾いです。

 

 

 質問で会話を続けようとするのではなく、共感で話を広げる事が大切です。

 

 

 上記以外にも具体的なノウハウは下の本に載っているので、是非読んでみてください。オススメの一冊です。

 

 

 

誰とでも 15分以上 会話がとぎれない!話し方 66のルール

誰とでも 15分以上 会話がとぎれない!話し方 66のルール

 
マンガでわかる!  誰とでも15分以上 会話がとぎれない! 話し方2

マンガでわかる! 誰とでも15分以上 会話がとぎれない! 話し方2

 
誰とでも 15分以上 ホントに! 会話がとぎれない!  話し方50のルール
 

 

 

最初で最後の、恋愛。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。