平成ライダー、ありがとう

 

 

 

 

お題「今日の出来事」

 

チャオ!

 

仮面ライダーになりたい

 

ビッグボーイですううう!!!!!

 

 途中からジオウの感想をサボってた。あの頃から昇進昇格の為に仕事が忙しかったので、感想を書き残すのを怠っていました。でも、この最終回だけは絶対に記事を書きたいと思って、仕事を後回しにしています。余韻が残っている今のうちに。

 

 

 第1話の初シーンから登場していたオーマジオウ。ソウゴは将来の自分に強い拒絶反応を示していましたが、最愛の友ゲイツを失った復讐心から、変身する事を決心しました。その姿は正に『最高最善の魔王』だと思います。決して素晴らしい王様ではなく、『魔王』である事に、制作陣側の拘りを感じますね。

 

 仮面ライダーは1号の時からそうですが、敵と同じ力を使って戦闘に挑みます。ですが、『仮面ライダージオウ』だけは敵側がライダーの力をコピーするという、ある意味アンチテーゼともとれる設定が印象的でした。

 

 しかし、ソウゴはオーマジオウとなりました。その姿は正に魔王の様であり、どれほどの覚悟があったのか、計り知れません。「自分は絶対こうならない」と誓っていた姿に成り得るのですから。

 

 ソウゴからしてみれば『邪悪な存在』だったオーマジオウに変身する事でしかアナザーディケイドを倒せない。だからソウゴは自ら『悪』と成り、敵を撃破。そして、世界そのものを破壊したのです。

 

 このシーンでは、仮面ライダーの歴史として続いてきた上記の設定をオマージュしている様で、感慨無量です。

 

 そして、オーマジオウの力を作って世界をやり直したソウゴは、また新しい世界で王様になる事を志す。

 

 「使い方は既にご存じのはず」

 

 なぜウォズがそう言ったのか。第1話ではもうソウゴは変身の方法を解っていた。なぜなら、王様に成る運命が刻まれているから。

 

 本編はループエンドでしたが、恐らく劇場版へと続いていくのでしょう。

 

 オーマジオウとしてラスボスを倒すのではなく、あくまで力を継承して、最高最善の姿である仮面ライダージオウとして平和を保った。この映画こそ、真の最終回なのではないでしょうか?

 

 

 本編はここで終わりました。でも、ゲイツが最強フォームになるVシネ版や、ゼロワンとコラボする来年の映画も待っています。

 

 そう、ジオウの熱はまだまだ冷めません。いや、仮面ライダーそのものへの熱量は、いつまで経っても冷える事など無いのでしょう。

 

 そして、来月から始まる令和ライダー、ゼロワン。ジオウロスとなった心を埋めてくれるほどの作品であると、俺は期待しています。

 

 

 俺は幼い頃に見た仮面ライダーカブトに憧れて、料理人になりました。それくらい、常に俺の人生と共にあった仮面ライダーへの愛は、留まるところを知りません。

 

 だから、令和になっても仮面ライダーを観続けるでしょう。

 

 

 平成ライダー、ありがとう。俺の人生を変えてくれて。ゼロワンから始まる令和の歴史も見届けていきます。常に仮面ライダーから影響を受けて生きてきた日々なので、俺の人生は仮面ライダー無しに語れません。捧げたのも同然です。

 

 令和ライダー、よろしく。

 

 

ブログの帝王は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。