最初で最後の、最愛。

忘れよう、朽ちよう。

箕輪厚介さんの『死ぬこと以外かすり傷』を読みました。

お題「今日の出来事」

 

チャオ!

 

こういう男になりたい

 

ビッグボーイですううう!!!!!

 

youtu.be

 

 この動画を見て惚れました。幻冬舎の編集者』という言葉からは連想出来ないラフな出で立ち、なのに口から出るのは実力あるビジネスの話。あまつさえ、呑んでいるのはハイボール・・・。

 

 完全に惚れました。俺、こういう人好きですし、こういう男でありたいと思ってます。酔いながら金儲けの話してるのカッコよすぎる。

 

という事で、すぐさま書店へ向かった・・・

 

 ホリエモンと関係が深い事はSNSなどの動向から解かりますが、彼の思想まで強く影響を受けているようです。本の中では『多動力を実行できている』という趣旨をホリエモン自身から指摘された、と書かれていますが、俺には『ハッタリの流儀』も習得されているように感じました。

 

 意識高い人のそばに居れば、自然と考えも似てくるんですね。羨ましい。俺はまだまだだな、と反省しました。

 

 ただ、本を読んでただ関心するだけで終わりにしたくはありません。こういう本から影響を受けて実力を出す、成果を残す。ここがゴールなんだと思います。

 

  箕輪さんは、本の中で『スピードスピードスピード!!!』『量量量!!!』と主張されています。これは商売だけじゃなくて、人生において大事な事柄じゃないかなあと感じ取りました。

 

 ちょっとでも興味関心があれば、とりあえず多種多様の事柄をやってみる。そういう行動力が打っ飛んでいる方が、豊かで楽しく実りある人生だと思います。

 

 例えば、俺は元々不登校児でニートだったんですが、変わりたくて飲食業の世界へ飛び込みました。自分と正反対の方々と接していれば成長できる、と根拠のない妄想をしていたからです。正直言うとしんどいこと多々あるけど、意外とやっていけるんですよね。

 

 あそこで「俺が接客とか向いてない・・・」とか現実的なこと考えていたら、絶対に現状維持です。未だに家を出られず、成長や変化なんてものは無かったと思うんです。

 

 無理そうでもとりあえず一回やってみる。失敗したとしても経験の一つになるし、何かしら学ぶものはある。何もしないよりはマシなんです。それは、家に閉じこもっていた時期があるからこそ解かりました。

 

 何年間も引きこもりだった分、それを取り戻すように行動を起こしていこうと思います。

 

 

 俺はまだ「死ぬこと以外かすり傷」と言えるほどメンタルが強い訳じゃないんですが、それくらいの心境で幾多の物事に挑戦していかなければならないなあ、と学びました。

 

 

 この本は、行動力を身に着けたいアナタにオススメの一冊。

 

 

死ぬこと以外かすり傷

死ぬこと以外かすり傷

 

 

 

最初で最後の、恋愛。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。