最初で最後の、最愛。

忘れよう、朽ちよう。

深夜のコンビニは魔境

お題「今日の出来事」

 

チャオ!

 

昼夜逆転

 

ビッグボーイですうう!!!!!

 

https://2.bp.blogspot.com/-bn5o3Ik_hyk/VlAZKrGsClI/AAAAAAAA04Y/tso0zNRIyD0/s400/mark_24jikan_eigyou.png

 

 

 コンビニは朝から夜まで客が絶えない店ですが、閑散とする時間があります。それが深夜です。

 

 地域によって時間帯が違うでしょうが、アイドルタイムとされるのは1時以降でしょうか。

 

 因みに俺は今2時過ぎにこの記事を書いているんですが、実は1時ごろからお腹が空いているんです。ただ田舎暮らしなので近所に空いてる飲食店などない。強いて言えばコンビニにあるが・・・。

 

 「こんな時間へコンビニに行ったら店員さんが嫌がるんじゃないか」

 

 「そもそも店員さんはレジの奥へ行っているだろう。俺はそこで店員さんを呼べる根性があるのか」

 

 そんな事を一時間も考えて2時になった訳です。大袈裟じゃなくてマジです。このまま我慢して朝になるのを待とうかと思ったんですがどうしても空腹に耐えられず、頭の中がピザやハンバーガーで溢れてきだしたのでコンビニへ行ってしまいました。

 

 もちろんピザもハンバーガーも売ってないしお客さんも店員も居ません。しばらく店内を物色していたら奥から店長が現れたんですが、そこらへんは端折ります。

 

 

 驚いた事に、俺が店を出る時に別の来客が現れたんです。そのとき思いました。

 

 「深夜へコンビニで買い物って、この人は何をしている人なんだ?」

 

  向こうも同じ事を思ったでしょう。深夜のコンビニに集うという事は、ある意味仮面武道会なのかもしれません。信じるか信じないかはアナタ次第です。

 

 

最初で最後の、恋愛。は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。