空我の遺書

過去を悔やまず、未来を恐れず、現在を生きる。

お題「今日の出来事」

今週のお題「おとうさん」

 

 父親がいない

 名前も顔も知らない

 声すら聞いた覚えがない

 身内へ訊くつもりはない

 話してくる事もない

 

 彼が自殺したのだけ知ってる

 虚無を抱いて次の瞬間へ

 

 彼はなんで幼い僕を残して死を選んだのか

 僕の名前は彼が遺してくれたものだと母親が言っていた

 偉大なこの名前を誇りに思っているし、感謝を伝えたい

 なのに、なんでいなくなったのさ

 

 実を言うとね

 僕はアナタと同じように死を選んだ事がある

 未遂に終わって本当に良かった

 僕は今こうして生きていられる事に幸福を感じている

 

 僕の好きな食べ物や音楽、癖のある笑い方も

 アナタと同じだって家族に言われた

 厭世観に押しつぶされちゃうような性格まで

 

 僕を育てなかったアナタ

 それでも似た者同士

 家族を感じるよ

 

 だけど僕はアナタと違って

 自分で死ぬことすら出来ない人間

 心が黒くても空は青いし、それだけで生きてられる

 

 「アナタの分まで生きる」みたいな幼稚で陳腐な言葉は吐けないけどさ

 頂いたこの名前通りの人生を歩んでみせるよ

 

 

『パパ』

 

遺書は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。