『スマホを落としただけなのに』感想とちょっとだけネタバレ

 

スマホを落としただけなのに
 

 

お題「最近見た映画」

 

チャオ!

 

今上映されている奴はあんまり俺の好みじゃないので過去のものになりますが、とても良かったので紹介します!こと

 

ビッグボーイですううう!!!!!

 

 原作の小説は読んでないんですが、漫画版は序盤だけ読みました。あまり面白くない印象だったんですが、映画の予告編は興味深かったので視聴してる事に。

 

 大して期待していなかった分、思った以上に面白くて人に勧めたくなりました。

 

感想

 

男はある日タクシーで拾ったスマートフォンの着信で、稲葉麻美と会話をする。待ち受け画像の麻美は美しい様相で、男は麻美に興味を持つ。麻美はスマホをなくした恋人の富田誠の代わりに、スマホを返してもらうべく男と自由が丘で待ち合わせをするが、男は現れずにスマホだけが返ってくる。

そのころ神奈川の山中で、動物に掘られた土の中から、若い女性の白骨死体が発見される。刑事の毒島徹は殺人事件として捜査を始める。

三者の物語が同時進行で進む中、次第に狂気に満ちた惨劇へと発展していく。*1

 

 

スマートフォンは便利な端末である反面、それは時に犯罪の道具ともなりえる恐怖の機械なんですよね

 

  北川景子、めっちゃ美人ですね。犯人の男が惚れるのもわかります。(コラ)

 

 男はそれから執拗に過去を調べあげ、その人が隠したい事実まで知り得てしまう。それをいともたやすく出来てしまうのがインターネットなんですね。

 

 

 中盤くらいまでは、そのような犯人に翻弄される麻美と富田に同情してしまうような演出が多かったです。犯人の男は黒い長髪に執着し、殺そうとしている女性を自分の母親と重ね合わせる事からもわかるように、ネグレクトを受けていながらもマザコンの一面を感じ取れる場面が多々ありました。

 

 そして、それと同じく虐待を受けて育った新人の警察官。同じ過去を持っているにも関わらず片や犯罪者、もう片方は正義の職業という正反対として描かれていたのは感慨深い。

 

 

 終盤、今から2人を殺そうという場面で猟奇的な言動を露わにしたところはとても魅力的でした。誰が犯人かまでは書かないでおきますが、誠実そうに見えた男性がスイッチの入った途端に発狂していて、凄く惹きこまれました。麻美が睡眠薬で眠らされる直前に自分が犯人だとバラす場面からゾクゾクしてしまいました。成田凌さんの演技に拍手です。

 

 

  そして、案の定終わりには警察が犯行現場に到着し、2人は間一髪助かります。正直言うとここはありきたりな展開だと思いましたが、そこに辿り着いた理由に関心しました。

 

 新人の警官は犯人と同じ境遇だからこそ、どこを拠点として犯罪を行っているかわかったのです

 

ツラい過去があっても乗り越えられるっていうのを教えてくれる映画でした

 

 あと、犯人が別の人に罪をなすりつける展開があるのですが、その男性の好みが金髪ショートなので違うと警察は判断。その場面を見て「俺と好み一緒じゃん」と思ってしまいました。

 

 

 

現在進行形のラブレターは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。