お前は本当に店長になる気あるのか?

お題「今日の出来事」

 

 

juliajewelkali.hatenablog.com

 

  この記事の続きです。

 

 俺は仕事中によく泣きます。ツラいです。悲しいです。納得が出来ません。そういう感情が溢れて涙が出ます。

 

 俺は他人の想念が解からなくて、自分の想いを上手く伝えらなかったりします。俺はあれから自分なりに行動の反省点を思い返して、そこを改善していくように努めてきたつもりでした。それについて、仕事終わりに30分くらい怒られていました。

 

 「お前がやっている事はあくまで自己満足であって、お前の行動を評価、判断するのは俺だ。俺が『褒める点はない』と言っている限りお前は仕事の出来ない奴に過ぎない。俺はお前の仕事ぶりから店長になりたいという想いがみじんも感じられない。だからこそもう一度訊くが、お前は本当に店長になる気あるのか?」

 

 確かに今の俺が蕎麦屋を回す事は無理ですが、その目標に向かってあれからちょっとずつでも前進しているつもりでした。行動で想いを示しているつもりだったのに、それを完全に否定されたと感じています。まだまだ甘いようです。

 

 

 どういう行いの出来る人が店長なのでしょうか。どうすれば俺は店長になれる器として認められるのでしょうか。今の俺にはそれがわかりません。ただ家に帰って天井を見ながら泣いていました。

 

 このままじゃ仕事のモチベーションが落ちそうなので、ブログで吐きだせてもらった次第です。

 

銀髪の蕎麦職人は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。