仮面ライダージオウが面白すぎる件について

 

juliajewelkali.hatenablog.com

 

juliajewelkali.hatenablog.com

 

お題「もう一度見たいドラマ」

 

 ヤバイよヤバイよヤバイよ!!!

 

 

 

 第1話でこんな胸熱な展開ある!?!?!?

 

 ビルドロスの中、また桐生戦兎を見られるなんて感動感激だよ!!!

 

 ジオウはホントに視聴者が持つ期待に応えられるのかって思ったけど今んとこメチャンコ面白いよ!!!!!

 

 ただ過去にジオウが戻ったとはいえスカイウォールがあるのはガバガバ脚本じゃないのか?って意見がチラホラ見受けられますね。ビルド最終話で火星人の存在は末梢されたはずですから、同時にスカイウォールも歴史から消えて無くなるはずです。

 

 でもまあ・・・

 

 良いじゃないですか!

 

 

 ビルド最終話で戦兎がライドウォッチを握っていたのも何かしらの伏線な事は明らか。

 

 並行世界がどうという言葉がビルドで出ているので、戦兎達は世界線Cを創造したのであって世界線Aは『ビルドがエボルトに勝利した』という所を時間の最後に、過去として残っていると解釈しています。AがなければCは存在しえません。だって戦兎と万丈の記憶には残っているんですから。そこにジオウが移ったって事でいいじゃないですか!

 

 というのは置いといて、本編の話をします。

 

 未来のジオウは世界はおろか時間も支配する時の魔王オーマジオウだとされています。過去に干渉してそれを阻止しようとするツクヨミゲイツが2068年からやってきます。仮面ライダーゲイツはジオウを倒そうとしていますが、ツクヨミはそれを拒んでいるのが1話で描かれています。あくまで常磐ソウゴが変身しなければいい、命までは奪う必要はないっていう考えなのでしょう。ソウゴが変身しようとした時、それを止めた所からもわかります。

 

 さらに面白いのはウォズが「過去や未来も支配できる」と言われながら変身ベルトを渡された時、ソウゴは「最高最善の魔王になってやる!」と言い、仮面ライダージオウになりました。ここが良いですよね。世界にとって邪悪の存在になるはずのソウゴが、人々の平和を想ってジオウドライバーの力を使う事を選びました。

 

 ビルドの記事でも言いましたが、仮面ライダーは悪と同じ力を使って戦います。今回だと最悪の魔王が最善の王様になる為にライドウォッチを使います。同じ道具を使って変身する怪人アナザーライダーを倒すのに、ジオウは殺害ではなく、あくまでライドウォッチを破壊するだけで変身した人の命までは奪いません。そこも仮面ライダーらしくて良いなあって思いました。

 

 相手が悪事を働いているからといって命まで奪っていいっていうのは矛盾してしまいます。ジオウの場合、怪人になってしまうのは悪の組織タイムジャッカーの口車に乗せられた人なので、自分から進んで悪い事をしている訳ではありません。

 

 電王やディケイドと類似する設定のあるジオウですが、これからどうやって差別化をはかり、平成ライダーファンを面白がらせてくれるのか、楽しみですね。

 

Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。