DVの被害者らしき人をみかけたので通報したが

お題「今日の出来事」

 

 外食に行きました。歩道をふら付きながら歩いているお婆さんが店の駐車場に入るなり尻もちをついて倒れたのを見ました。自力で立ち上がろうとしていましたが力がないようで座り込んだまま。熱中症かと思い近寄ると、彼女は骨と皮だけかと思うほどやせ細っていました。

 

 「救急車を呼んだ方が良いですか?」と訊くと「嫌」とか細い声で返されました。2人やってきた中の1人が女性の家族だと名乗り、「見つかったよ!」と誰かに電話していました。そして婆さんを車に乗せるなり握り拳で顔面を殴ったのです。

 

 警察を呼び、事情を説明しました。他に駆け付けた女性によると婆さんの腕に痣を見つけたとの事です。日常的に殴られている事は素人ながら察しました。お婆さんは恐らくご飯もあまり食べさせてもらっていないはずです。男の受け答えを聞いていると何回も家から逃げ出していると話していました。暴力を受ける生活が嫌で逃げ出したのは僕でもわかります。なのに警察は「昔は良くても今はそういう事しちゃいけませんからね~」と半笑いで話すと、2人を帰したのです。

 

 僕は呆れました。あの婆さんはこれからも殴られる生活は続くと思います。あの男性を逮捕し、婆さんは他の家族の元へ引き渡すべきだった。少なくともこの2人を一緒にするべきではなかった。なのになぜそのまま家に帰したのか。それだけは絶対にしてはいけない事のはずです。警察も婆さんの体や受け答えのおかしさを確認していました。衰弱していた彼女は絶対に病院へ連れて行くべきだった。なのに、なんで。そう思いながら呆然としていました。僕はどうすれば良かったのか。やっぱり救急車を呼ぶべきだった。本人が嫌がっているのに、と考えている間に家族が現れ、婆さんは殴られてしまった。

 

 やらなかった事の後悔で頭がいっぱいになる。婆さんは助けられたかもしれないのに、僕は何もできなかった。

 

 

Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。