学ぶのに遅い時などない

お題「どうしても言いたい!」

 

 飲み会に参加した時の事です。その人は上半身が墨で染まった刺青好きな人です。彼は彫り師に憧れた事があると言いました。でも、29歳で学ぶにはもう遅いと思い、諦めたそうです。

 

 

 僕も刺青が好きで、彫り師の人を尊敬すると言いました。すると、「20歳だったら彫り師になるのには遅くないかもね」って言ってきました。違います。あなたも、学ぶのに遅くないんです。

 

 なんで勉強できるのは若い頃だけって決めつけてるんですか?

 

 例えば僕は蕎麦職人です。先輩も後輩も年上です。僕の次に若い人でも、20歳以上は離れた人。みんな大人になってから蕎麦の勉強をはじめ、そして夢を叶えた人達。僕はそういう人を見てきたから、歳をとってからでも勉強しても良いと思っています。

 

 彫り師だって、29歳でも「修業させてください」と言えば出来るはずです。その一歩を踏み出さなかった人が何故に諦めるのでしょうか?

 

 意欲が無いんです。行動を起こせば将来に不安があるし、それを恐れて適当な理由を見つけ、やらない事にしているんです。どこかの会社に勤めておけば安定して収入が得られるから、そこに落ち着いているだけです。でも考えてください。不安を乗り越えた人だけが夢を叶えているじゃないですか。

 

 上司に嫌味を言われながら金を稼ぐ人生で満足しているんです。それを辞めて、好きな事の勉学に励んだ方が人生が有意義だとわからないのでしょうか?

 

 失敗に失敗を重ねなきゃ彫り師になれないのは当たり前ですよ。最初の失敗から逃げていたら、そりゃ夢を叶えられないはずです。

 

 明日からじゃ駄目なんです。勉強するなら今なんです。老子『千里の道も一歩から』と言いました。やりたいという思いを早く行動に映して、夢を叶えましょう。無理だと言ったら、そこで終わりです。

 

 

Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。