神様を信じてから変わった事

お題「これって私だけ?」

 

 神様を信じるキッカケって、僕の聞いた話だと、親が神主でその影響とか、巫女という職業に憧れて神道を知りも無いのに神社へ就職した人がいます。この人の場合は有神論者ではないか…(笑)

 

 僕の場合、交通事故に遭った時に神秘体験をしました。その日から神様の存在を確信しています。16歳の出来事でした。

 

 

juliajewelkali.hatenablog.com

 

 

 具体的な話は上記の記事に書きました。今回は話したいのは、神様を信じるようになって人生がどう変わったかです。

 

 まず、能動的に行動するようになりました。無頓着だった服を意識するようにしたり、柄にもなく髪を染めたりしたのもこの頃です。これくらいなら思春期によくある事なんですが、家族が喜んでいたのは、他人と喋れるようになったのと、よく笑うようになった所。学生時代は引きこもってた奴がここまで変わった事に一安心してくれたでしょう(笑)

 

 そして、もう一つ人生の転機となる行動がありました。

 

 それが、蕎麦打ちです。僕は手打ちの修業をし続けたおかげで、神社で働けています。

 

 

 神様を信じ人が変わったおかげで、僕は神様の元で仕事が出来ています。僕はこれを運命だとよく言っています。

 

 でも、その言葉を聞いてある人は「宗教なんて害悪だ」と言ってきました。僕はこういう議論に関わるのがめんどくさくて、何年も神様を信じている事を黙ってきました。家族にはお食事処に就職が決まってから話しましたが、神秘体験のくだりについては今でも黙っています。頭がおかしいとか幻覚などと言われるのが目に見えているからです。

 

 

 

 他人にとってそれがどうであれ、生き方を好転させてくれたのは事実です。

 

 

 神様を信じてから変わった事、それは人生です。だから、どこの誰がどう言おうと神様を信じ続ける。ただそれだけです。

 

 

Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。