目標に終着点を作るべきではない

お題「これって私だけ?」

 

  こないだふと思った事なんですが、何か目的を達成したらそこで終わると思うんですよね。行動を辞めたら後は落ち込むだけですから。

 

行動を起こす人は
現状や今の自分に対して
納得できない気持ちや
許せない気持ち
なんとかしたい気持ち
打破して変えたい気持ち
それらの不満感や不足感がエネルギーとなり
実際の行動となって表出するのです

つまり行動力を身につけるためには
現状が良くても悪くても
そこに安住してはならないということ
現状に対する不満感や不足感を
絶えず持ち続けて
それを行動に移すことで解消し続けなければならないのです*1

 

 

 何か次の目的を作ってそこに向かう向上心を持ち続ける事が環境を改善する手段だと思いました。

 

 僕はニートから脱出したいと思い、どこかで働かないといけないと思いました。そして今の蕎麦屋に就職した訳ですが、そこで終われば、ただ金儲けの為に労働する人になります。

 

 そういう働き方はしたくなくて、働く前に「料理を教えてほしいので、給料はいりません」と言いました。*2次の目標を蕎麦屋の開店』にして、そこへの修業をする事にしたんです。

 

 その為に色々学んでいたら「無理に蕎麦屋と限定しなくても和食とか居酒屋も出来るなあ」なんて夢が広がっています。ここから先の話は別の記事に書いたので、興味のある人は読んでほしいです。

 

 

juliajewelkali.hatenablog.com

 

 

 沢山やりたい事を思い浮かべて、それに向かって努力すれば、自然と周りも変わっていきますね。ニートだった頃に比べれば、僕を取り巻く環境は良くなりました。

 

 上記の記事にも書きましたが、応援する人や具体的な手助けをする人もいてくれていますし。

 

 実際に蕎麦屋をはじめられたら、僕のやれる事はもっと増えると思います。蕎麦教室とかも開きたいですし。

 

 するとまた出来る事も増えて、様々な目標を持てます。

 

 この好循環を、死ぬまで続けられるように努力します。

 

 

 

 最後まで読んでくれてありがとうございます。この記事を書くにあたって、参考になった動画を紹介します。下の映像も観てくださいね。

 

youtu.be

 

 

*1:

fumi1.exblog.jp

*2:再三「お金はいらない」と言ったんですが、給料を支払ってくださっています

Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。