好きな事を仕事にするべき明白な理由

お題「今日の出来事」

 

 友達とタコ焼きを食べに行きました。日曜日だったので、友人は「明日から仕事だ、しんどいなあ」と言いました。彼はSNSでも、先輩の言動がうっとうしいとか、そういう書き込みをよくしています。

 

 考えてください。ツラい仕事を定年まで続けるつもりなんですか?

 

 「嫌な事を耐えて金もらうのが仕事だ!」みたいに考えてないですか?

 

 世の中には好きな事を仕事にしている人が沢山いますよ。

 

 インターネットで検索すると、「好きなものを仕事にすると、好きが嫌いになる」みたいなこと書いてる人がいますよね。

 

 「好きな事を仕事にしたい! けど、不安だなあ」って思ってる人は、そういうサイトみて鵜呑みにしちゃうんじゃないですか?

 

 もしくは、親や友人に話して「世の中そんなに甘くない!」って返され「やっぱり」とか思っちゃうでしょう。でも待ってください!

 あなたは、訊く相手を間違えています。

 

 富士山を登った事ない人に登り方きいてもわかるわけないでしょう。

 

 僕がまず言いたいのは、「好きな事を仕事にしたいなら、好きな事を仕事にし続けている人に訊くべき」

 

 成功している人を探しましょう。現実でやるのが良いですが、難しくても諦める必要はありません。あなたは幸運な事にインターネットに接続できているんです!

 

 これで、世界中の人と繋がれるんですよ。絶対に、あなたの夢を既に叶えた人が見つかります。そして、その人の元を尋ねましょう。

 

 自分の夢を伝え、どうやってその仕事が出来たのかを訊ねましょう。インターンを申し出たって良いかもしれません。現に、僕はそれを経て好きな仕事してますから。

 

 そして、出来るだけ沢山の人に自分の夢を語るべきです。これは、僕と同じ夢を持ち、それを先に叶えた先輩から学んだ手法です。

 

 「僕はこれこれこういう会社を立ち上げたくて、その為にこれだけ勉学に励んできました。いつか、いや、絶対起業します!」

 

 そういう事を言い続けていれば、あなたを応援してくれる人が現れます。あの偉大なスティーブ・ジョブズだって、マーク・ザッカーバーグだって、小さな会社から商品を発信する事で、大きな会社にしたんですから。

 

 「好きな事を仕事にしたいな」と言っているだけだと周りに否定されますが、実際、それに関する勉強をはじめたとします。それを沢山の人に発表します。すると、あなたの事を理解してくれる人の目に留まるんです。(不特定多数の人に発信する欠点として誹謗中傷がありますが、実際に好きな事の勉強を始めてしまえば、そんな人が哀れに思えます。大丈夫です)

 

 上記の通り、僕はこれをやってきました。僕は蕎麦屋の開業が夢で、フェイスブックほぼ毎日夢を語っていたら応援してくださる人がたくさん現れて、修業している店へ実際に食べに来て下さった事もあります。

 

 そもそも修業をはじめたキッカケだって、色んな人に夢を語っていたら、相手が偶然にも蕎麦屋をやっている人だったので、「うちにこないか?」と言ってもらえたんです。

 

 さらに、ありがたい事に、「独立したいなら建物貸してあげるよ」って人まで現れたんですよ。僕の蕎麦を食べて励ましてくれるだけでも嬉しいのに、具体的に手助けしてくれる人までやってくるようになりました。だから、僕の言いたい事。

 

 

 否定する人に負けず、好きな事をやり続け、夢を発信し続ける事。これが大事です。価値を認めてくれる人が自ずとお金を払ってくれるようになります。

 

 

 ここで間違ってはいけないのが、金儲けを目的としてしまうこと。僕は今まで金に目がくらんだ先輩を何人も見てきました。大富豪を目的としてしまうと、人に見放されます。

 

 ここで素敵な話をすると、マーク・ザッカーバーグシナプスというソフトを作っていましたが、これをマイクロソフトが1億円で買い取るといったのに、彼は「金儲けが目的じゃない」と断ったんです。これも、金より人の幸せ、楽しみを提供したいという志からきたものですよね。

 

 反対に、とある先輩は、修業している段階では周りに応援されていたのに、いざ起業したら商品の質を落として利益を上げようとしたのです。過去に「僕はこれほどすごい物を作れます!」って言っていても、いざ会社を持って人様に提供する時になり劣悪な物を出しているようじゃ、応援していた人や、お客様になり得た人もいなくなりますよね。こうならない為に、ここで一つ考えてほしいんです。

 

 

 好きな事を仕事にすると、あなたが得られる幸せはなんだろう?

 

 

 これを、メモ帳やチラシの裏でもいいので書いてみてください。上記の通り、金儲けはNGですよ。

 

 書いたそれがあなたの希望です。嫌々仕事し続ける人生を辞めて、好きな事で楽しく生きていくためには、その希望に向かって行動しましょう。

 

 「自分の作った服を着てほしい!」なら、それが人生の目的。オシャレで可愛い服を作り続けていたら、次第にあなたの価値は上がります。

 

 

 

 

 金儲けを目標とせず、利他主義で好きな仕事をしていたら楽しいですよね。で、それにお金が発生するんですよ。そのお金でまた新しい商品が作れたり、共に仕事してくれる部下の給料となります。好循環ですよ。

 

 

 仲間とお互いに励まし合いながら、楽しく仕事をし、志高く生きていける。これが、好きな事を仕事にするべき明白な理由です。

 

 

 

 「好きな事を仕事に出来たらなあ」って思ってる時点で、あなたは現状に満足してないでしょう。なのになぜ、そこから抜け出す為の行動を起こさないのですか?

 

 周りに否定されるから?

 

 偏屈な人達は、自分より楽しい道を妬むんですよ。自分は苦しんで金稼いでるのに!ってね。いわゆるドリームキラーです。

 

 その人達の意見を受け入れて、ブラック企業へ甘んじて出社している間に、人生ってあっという間に過ぎていきますよ。

 

 そういう奴等の主張を無視して行動している傾奇者だけが、好きな事を仕事に出来ます。

 

 

 

 中卒で、ろくに義務教育を受けていない、ニートや引きこもりだった僕にも出来たんですよ。高校や大学出て正社員になれた立派な人の方が僕より希望があるはずです。僕に出来てあなたに出来ないなんて言わないでください。

 

 僕が好きな事を仕事に出来たキッカケ、それは今の現実を変えたくて行動したからでした。周りに「そんなこと無理だ」って言われても「僕にはこれしかない」という決意でやり続けたからこそ、上記の通り応援してくれる方々との縁が出来たんです。

 

 「やりたいなあ」って思うだけじゃなくて、その為の努力をはじめてほしいです。

 

 人の夢を批判する人、自分の目標に向かって頑張ってる人。どっちの人生が有意義ですか?

 

 好きな仕事をしてても、壁にぶち当たる事はありますよ。嫌だったら辞めたくなりますけど、大好きだったら乗り越えようって燃えてきます。

 

 日曜日の夜、友人が「明日から仕事で嫌だなあ」って言ってる中、好きな事やってたら「明日からまた仕事だ! ワクワクするなあ!」って思えますよ。

 

 好きな事を仕事にしていない人は、ぜひその目標の為に行動を起こしてほしい!

 

 千里の道も一歩から。応援してくれる人と共になら、前へ進めます。

 

 好きな事を仕事にする人生はホント楽しいですし、僕の周りにもこういう働き方してる人いますが、「好きな事を仕事にしない方がいい!」なんて言う方は、1人もいません。

 

 

 最後に、僕が大好きで何回も観ている動画を紹介します。この記事も、これをみながら書いてます(笑)

 

 

www.youtube.com

 

Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。