中卒でも人生を楽しんでいる理由

お題「最近見た映画」

 

 中学生の頃に見たイエスマンという映画は、今でも僕の心の中に残っている、とても素敵な映画です。

 

 

 

 

 そんな映画を観ていながらも、僕は不登校になり、あまつさえ高校も中退しています。その映画の素晴らしさをわかったのは、今になってからです。

 

 あの日、立ち寄った蕎麦屋で手繰ったざるそば。今でも忘れられません。僕は厨房に行き「ここで修業がしたい」と申し出ました。蕎麦好きじゃない僕が、ろくに人と話せない僕が、なぜそんな事をしたか。忘れかけていたこの映画を思い出したおかげです。

 これは16歳の頃でした。そこから蕎麦と向き合う人生が始まりました。

 

 (これから先の話は別の記事に書いています)

juliajewelkali.hatenablog.com

 

 

 ここが人生の転機だと思っています。あの時、能動的に何かしようと思わなければ未来に希望はなかったでしょう。イエスマンという映画が伝えたかった事を身をもって感じた経験でした。

 

 ニートだった頃、周りの人はみんな僕を否定していました。厭世観で世の中をみていたのもこの頃です。ですが、蕎麦職人になってからは励ます人が周りにいます。僕を変えたのは、「何かをしよう」という積極的さでした。

 

 

 余談ですが、今でも、こういう動機をもたらしてくれる動画はみたりしてます。行動する事を止めたくないからです。

 

www.youtube.com

 

 ニートの頃だったら、周りに否定されたら怒ったり死にたくなったりしてました。でも、今はそんな奴に聞く耳持ちません。他人に見下されている間、夢に向かって修業してるんですよ。生産性のない発言をしている人、黙々と物を学んでいる人、どっちの人生が有意義ですか?(笑)

 

 この記事を読んでいる中卒やニートがいるなら、言いたいのは、何か一つの事に努力しようという事です。周囲はあなたの事を批判しているはずです。非常にうっとうしいと思います。僕もそうでした。でも、どこに行ってもあなたの事をそういう人は居続けますよ。あなたが自身が変わらないと、世界は変わらないです。現に僕は修業したおかげで、否定する人がいなくなりましたから。能動的に何かを続ける事、それが大事だと思います。

 

自分が主人公になって
目標に向かって努力したり成長したりして
その成果が現実に反映されることは
最高に楽しいことなんですよ

生きていても楽しいことがないなぁ
現実がつまらないなぁと思った時は
自分が成長すること
目標に向かって努力すること
自己実現することを目指すべきであり
そこに人生の楽しみがあるのです*1

 

 

 もう一つ、僕を奮い立たせる動画あるので、それを紹介します。

 

www.youtube.com

 

 否定的でいても人生は楽しくないです。SNSとかゲームをして時間を潰しているなら、旅行や勉強をした方が有意義です。

 

 「おもしろくないだろう」とか思うくらいなら、やってみて「おもしろくなかったなあ」という方が人生を豊かにします。

 

 どうせ人は死にます。NOMANでいるくらいなら、YESMANでいる方が、良い生涯を送れると思います。そういう事を、この映画から学びました。

 

Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。