「不登校になってもいい」って言わないでほしい

今週のお題「修学旅行の思い出」

 

 僕は修学旅行に行かなかった。

 

 「学校に行かなくてもいいんだよ」なんて優しい言葉を言う奴は無責任なんだ。

 

 確かに義務教育は学校に行かなくても自動的に卒業できる。でも、その後はどうなるんだろう?

 

 就職活動はどうなる?

 

 自分の生徒じゃなくなったらもう教師が関わる問題じゃなくなるからな。

 

 軽薄な発言をした大人達は、登校拒否の将来を助けようなんて思ってない。思っていたとしたらそんな物言いは出来ない。

 

 いざ学生時代が終わって大人になった時、明るく楽しい生活がその先に待っていると思っているのだろうか。

 

 先生が吐いた幼稚な言葉を鵜呑みにしてしまう子供にも問題があるのかな。

 

 僕はそう思いたくないんだけど。

 

Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。