なぜ16歳の時に蕎麦職人になる選択をしたのか

 

 

 僕は固定観念常識レッテル貼りといったものが嫌いです。

 

 小学生のころ将棋にハマったら「オッサンみたい」だなんだ言われました。

 

 中学生のころ乗馬をはじめたら「若いのに~」

 

 高1で蕎麦塾に通い出したら「その歳で蕎麦打ちやってるなんて~」

 

 

 

 

 なんで人を年齢で決めつけるんでしょうか?

 僕はこういう人達に反抗し続けてきました。

 

 僕は好奇心に従って、やりたいからやっているだけです。

 

  僕は確かに同級生と違います。いわゆる歳相応の事をしてきていません。学校はサボりがちだったし、今や車やバイクも持っていません。彼女も出来たことないし友達すらいません。

 

 青春がないまま19歳まで生きてきました。だからこそ、僕は蕎麦で思い出づくりがしたいんです。

 

 この年で蕎麦職人になった人が世界にどのくらいいますか?

 

 自分でいうと自惚れていると思われるかもしれませんが、僕は19歳の蕎麦職人という肩書きにネームバリューがあると感じています。

 

 学校に行かなかった分、遊んでこなかった分、僕は修行して経験を積んでいます。

 

https://www.instagram.com/p/BU--2cfBVN5/

 

  僕は20歳になる前に、宿借りという形ででも蕎麦を出せるよう計画を練っています。

 

 10代で蕎麦屋を開いた方なんて他にどれくらいいますか?(笑)

 

 閑話休題、僕がこの世界に入るキッカケを話します。

 

 まず、僕は蕎麦が嫌いでした。蕎麦の香りがどうのと言われてもイマイチわからず、大して美味しいと感じていなかったからです。

 

 ですが、後に先生となる人の蕎麦を食べたとき僕は感動しました。なんてコシのある麺なんだ、そしてこれが蕎麦の香りかと。

 

 僕は職人になる事を決意し厨房まで言いに行きました。そして、蕎麦塾に入る事を勧められ、勉強が始まった訳です。

 

https://www.instagram.com/p/BWBZzvdhqNL/

 

  僕は現在、神社の中にある蕎麦屋で機械式の蕎麦打ちを勉強中です。その店は僕が予定している店よりキャパがデカイので、ここで慣れておけば自分の店を持った時に楽だと考えているからです。

 

 そして、いつかは僕の蕎麦を食べて職人を志す人が生まれるように努めています。もしそんな人が現れたなら、それは先生の味を受け継ぐことが出来たという事です。

 

 

自宅でもう1回作り直すぞー❕働きたくもないのに働いて、高級な蕎麦道具買ったんだからなー❕その価値に似合った #蕎麦 を出すぞー❕ #soba #そば #写真の輪を広げよう企画 #私の写真がどこまで響くか試したい #ファインダー越しの私の世界 #写真 #写真撮ってる人と繋がりたい #カメラ好きな人と繋がりたい #写真好きと繋がりたい #カメラ好きな人と繋がりたい #カメラ男子 #japan #japanesefood #japanfood #japanesestyle #japanstyle #japanfocus #japanlife #f4f #f4follow #相互フォロー #和風 #日本 #東京 #シンプルライフ #日々の暮らし #丁寧な暮らし

julia_jewel_kaliさん(@tagasoba)がシェアした投稿 -

 

 習い事などをやるかどうで悩んでいる人!

 年齢に左右されず、 自分のやりたい事を選択すべきです。

 

 

 

 身の程知らずで生きましょう!

 

 

Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。