読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『のぞきめ』を観た

お題「最近見た映画」

 板野友美の演技が酷かった。棒読み。脇役として入来茉里武田玲奈が出てるんだけど、この二人のうち誰かを主役にした方が良かったと思う。のぞきめに見られて叫ぶ場面、とても恐怖を感じさせられる所だけど全然怖くなかった。退屈。

 あと、そもそも演出が僕の好みに合わない。予告編でわかる通り、おどろおどろしい目の化粧が特徴。それのドアップの場面で大音量の効果音。洋画のホラーの如く陳腐な描き方。そりゃたいていの人は静かな時に突然音が鳴ったら吃驚するけど、それは恐怖と違うじゃん。アイズみたいに、雰囲気や物語の展開で怖がらせてくれる方が面白いと思う。呪いという設定から考えても、そういう演出の仕方出来ると思うなあ。

 

juliajewelkali.hatenablog.com

 

 隙間に怯えている人の見せ方は良かったんだけど、オバケが人を攻撃する時の手段がおかしい。排水溝の穴から覗かれるんだけど、そこから泥水があふれ出る場面が数秒。なんやねんこれ。絶対にいらない。女性が怯える所を映すだけで怖かったと思うのに、それのせいで冷めた。

 あと、一旦のぞきめを消滅させる道具に水晶みたいな物が付いた数珠が出てくるんだけど、これは一体なんなのかは作中で触れられない。主人公がお化けになっちゃうオチもありきたり。口裂け女かよ。

 のぞきめが生まれた経緯の六部殺しも、殺す男の表情と親子の死に方、それを見て見ぬふりな村民も素敵。閉鎖的な村の演出も異様だった。生贄の少女が出てきた所は心地悪くて良い。背後にのぞきめが現れて彼氏に「振り返るな!」って言われる場面なんて緊張感をもたらす。その彼氏が精神を侵され叫びながら暴れ目を箸で突く所なんて感動した。でも、主人公がお化けになるのってどういう事?

 中盤、林にいくつもある落ち葉の隙間から大量の眼が覗く場面があった。残穢みたいに呪いが増大していくっていう事にしたいのかもしれないけど、だとしたら少女の生贄や殺されてきた人達も村民を呪い殺す場面がないと矛盾する。母親だってそれに加担しているべきだよ。少女は人をねじって殺すんだけど、そういう死に方をしたのは親の方だからね。少女自体は刺された後に埋められてる。

 

juliajewelkali.hatenablog.com

 

 面白い所だってあったけど、色々と不満が残る映画。

 

広告を非表示にする
Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。