クリーピー 偽りの隣人を観た

お題「最近見た映画」

 

 猟奇的な連続殺人犯を描いた作品だった。殆ど人付き合いのない街では隣人が入れ替わってもわからないという異様さ。

 隣人の男性は第一印象で不信感を抱かせつつも、娘思いで犬好きな所を見せて周囲から良く思われ、そこにつけこんで薬物を投与し、廃人にして自分の言いなりにさせていた。しかも面白いのが、自分の手で人を殺すのに抵抗を持っているという点。奴隷にした人に命令して他人を殺させているのだ。

 ドローンか何かを使った空中からの撮り方も、BGMを多用せず静かで心地悪い情景を続けているのも、この映画の面白さだった。

 ただ、人を撃つ所が何度もあるんだけど、一滴の血も飛んでいないのは謎。後、車を走らせる場面の背景がCGなのは何故だろう。あまつさえサイコパスは特定の立地条件になっている家を探しているが、なぜそのような所に執着しているか理由は描かれていない。もっと言えば、過去の被害者が中盤から出てこなくなるのもおかしい。その被害者は事件の記憶がないけど少しずつ取り戻しているっていうのに、途中から居なくなるのは違和感があるよ。思い出してサイコパスに関する何かを話したら設定が深まって面白くなるだろうに。記憶喪失になった訳もよくわからないけど、薬物か暴力的な様を見た影響かな。そこらへんもハッキリしてほしかった。

 話は面白かったけど、サイコパスが何者で、なぜ犯罪を犯し始めたのかわからないまま。上記の様に不満が残る作品だった。

 

広告を非表示にする
Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。