読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『dビデオスペシャル 仮面ライダー4号』を観た

 

お題「楽しみにしているテレビ番組」

 

 

世界征服を企むショッカーによる仮面ライダー3号にまつわる事件は解決し、世界はある一点(剛の死)を除き正常を取り戻した、はずだった。

4月4日、特状課で居眠りをしていた泊進ノ介は詩島霧子からの電話で叩き起こされる。霧子とその弟である剛と共に映画を見る約束を忘れていた進ノ介は、腑に落ちない様子でドライブピットに向かうが、そこへ仮面ライダーファイズ / 乾巧と仮面ライダーゼロノス / 桜井侑斗が現れ、進ノ介に「街でショッカーが暴れている」と告げる。しかし、進ノ介はショッカーという名前にも、そもそもこの2人の男にも見覚えがない。釈然としないまま2人と共に街へ駆けつけた進ノ介の目の前には、まさしく人々を襲う怪人たちの姿があった。仮面ライダーに変身して敢然とショッカーの怪人と戦う巧と侑斗の姿を目にした進ノ介は妙な頭痛を感じると同時に、彼らが共にショッカーと戦った仲間であることを思い出し、すぐさま仮面ライダードライブ タイプスピードに変身する。進ノ介と合流した剛 / 仮面ライダーマッハを加えた4人の活躍でショッカー怪人チーターカタツムリは倒されるが、チーターカタツムリの自爆の道連れで剛が命を落としてしまう。悲しみに暮れる進ノ介と霧子たち。すると世界を謎の緑の光が包む。

再び霧子の電話によって特状課で、どこか既視感を覚えつつ目覚める進ノ介。目にした時計には、4月4日の表示が。そして再び現れ増えるショッカー怪人、剛の死、巻き戻る時間。ショッカーの陰謀はまだ終わっていなかったのだ。

はたしてショッカーが進める「4号計画」とは一体何なのか。進ノ介たちはこの世界の謎を解き明かし、ショッカーの企みを阻止することができるのだろうか。*1

 

 

 正しくは楽しみにしていたなんだけど、それはさておき、仮面ライダー4号というのは昭和から数えての4号。平成ライダーの4号はファイズなので、この作品に出演しているんですね。最初、登場人物を調べて乾巧が出てるって知った時「なんでやねん」と思ったんですけど(笑)

 

 で、ショッカーが時空を改変して産んだ4号を殺して終わりの話だと思ったら、仮面ライダー555の後日談になっていて、これがまたええ話や~!

 

 正直、仮面ライダー3号がいまいちだったので、それの続編にもなってるこれには大した期待をしていなかったんですが、本当に面白かったです!

 

広告を非表示にする
Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。