読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『V/H/S ファイナル・インパクト』を観た

映画の感想

お題「最近見た映画」

 

 4つの短編映画のオムニバス。

 

 1、警察と不審車両のカーチェースを追いかける野次馬

 2、超能力が使えるようになる黒いマントを得た男

 3、並行世界に行く扉を作った男 

 4、黒魔術を行ったと思える痕跡を見つける男達

 

 ホラーにSFやオカルトを混ぜてきたのは面白かった。唯一つまらなかったのは4番の話。撮り方がGoProを付けたヘルメットなのは面白くない。しょうもないYoutuberじゃあるまいし。あと、スケボーを楽しむ集団が異様な印を見つける話だけど、それまでが長い。スケボーで遊ぶところを延々と見せられると怖い思いをしてきた雰囲気が打ち壊し。

 誤って悪魔を召喚してしまい、それと戦う所は面白かったよ。ヘルメット視点さえなければね。

 

 もう一つ文句を言うなら、1番の話。強い自己顕示欲を持った得体のしれない存在と言うのは面白かったけど、スマホに憑いて人を殺す意味がよくわからない。自分の存在を広めてほしいなら殺さなくても良い。

 

 ただ、2番と3番は良かったですよ。超能力者が動物や人を殺すんですが、ホッケの開きみたいに惨殺するんですね。SFじゃなくてあくまでホラー。

 

 3番も設定はSFですが、展開がホラーで良かった。向こう側の世界に自分に似た怪物が住んでいた、というもの。それを知らずに相手の世界へ移り合うんですが、怪物は寝ている妻を殺そうとする。それを知らずに主人公は向こう側の世界で人型の怪物に食われそうになる。それに殺されたらありきたりですが主人公を殺すのは自分の妻。ここ、良いと思った。

 

 何とか逃げて自分の世界に帰ると、怪物から生きながらえた妻が居た。妻は戻ってきた夫を怪物だと勘違いして殺してしまう。ちょっと怖いけど悲しかった。

 

 物語自体はどれも面白かったけど、VHS関係ないやん!

 

 全部、小型カメラやデジカメ、スマートフォンのカメラを使っているので3部作目でとうとうVHSが関係なくなってきました。ただのPOV映画です。おしまい。

 

Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。