読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ビジター』(2012)を観た

お題「最近見た映画」

 

www.youtube.com

 

 暗い雰囲気が好きだっていう人にはオススメだけど、伏線の回収はちゃんとしてほしいって思う僕みたいな人には合わない。

 

 オチがやりたいが為の映画だろうが、そうするならするで筋を通すべき。

 

 まず、冒頭の雰囲気は良かった。夫が作家である夫婦の元にガスマスクを被った何者かに追われているという女がやってくるが夫婦間の秘密を知っていて不可解。どうやら夫のファンらしくストーカーか愛人の可能性が高いと妻は思う。

 

 その謎が解決しないまま、家に入ってきたガスマスクに連れ去られる。ここから夫婦はガスマスクから逃げるんだけどずっと家の中。大して場面が変わらないので退屈。僕はここで寝た。何十分かして目を醒ますけどまだ逃げてた。最後の最後までガスマスクから逃げ続ける、そういう映画。

 

 見直したけど、やっぱりおかしい。銃を突きつけ、なんでこんな事をしているか問う場面がある。ガスマスクから逃げていた女は、実はガスマスクの集団とグルだった。

 「恐怖を感じさせて自分の死を受け入れさせる為」って。子供が事故で死んだことを受け入れられない妻が自暴自棄になり夫を殺した後自殺。でも夫婦ともども自分が死んだ事を自覚せず生き続けていたので教えに来たって。それを女に話されると二人は消滅するんだけど、意味わかんない。

 

 なぜ幽霊になったのかがわからない。生前にやり残したことがあるとかありきたりでもいいから描くべきだと思う。生に執着していたとかそういう描写もなく幽霊になりました、死んだ過去は忘れてしまいましたって設定が薄いよ。

 

 あとは逃げる描写が長すぎる。はじまってからエンドロール前の数分間、ずっと逃げてる。短編映画にした方が良かったんじゃないかな。

 

広告を非表示にする
Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。