『ドント・ブリーズ』を観た

お題「最近見た映画」

 

www.youtube.com

養育放棄の両親と暮らす不良少女ロッキーはいつの日か共にここから抜け出そうと妹に約束していたが、そのために必要な逃走資金を得られるあてはなかった。ボーイフレンドのマニーから地下室に金庫を持っているらしい視覚障害者宅への強盗を持ちかけられた彼女はマニーと友人のアレックスの3人で真夜中に盲目の男性の屋敷に押し入るが、そこで彼らは実はこの男が超人的聴覚を用いて自宅への侵入者を仕留めていく連続殺人者だったと知る。果たしてロッキーとアレックスは、即座にマニーを殺害した盲者の追撃を回避して悟られることなく静寂を保ったまま密室の家屋から脱出できるのか。*1

 

 ホラー映画ともスリラー映画とも呼べそうな、とてつもなく怖い映画だった。王道の展開で話が進むから、どうせジジイ殺して抜け出しました、反省して終わり。かと思っていた。予告編を見て面白そうだと感じたので、期待して観ていたがそれ以上に面白くて、とても良かった。こういうジャンルの映画が好きな人にはオススメ。

 

 冒頭、ジジイと強盗仲間3人が遭う場面がある。その時ジジイへ拳銃を突きつけるんだ。その時殺せば良かったのに、そうしないのがお約束。マニーが「動くな」と言ってもジジイは動く。

 「言う事きかないと撃つぞ」

 やっぱりジジイは動く。「動くな!!!」

 やっぱり動く。銃奪われて立場逆転。でも、結末まで王道だと思ったら大間違い。この映画はB級映画ではないのさ。人殺しが目の前を通って行く場面なんて緊張感があるし、暴力的な場面だって良かった。ただ一つ文句を言うなら「弾いくつ入ってんだよ」って所。でも拳銃を扱う映画が出る度言ってる「なんで器用に扱えてるんだよ」は戦場での経験があるから、という事になっているので良し。

 

 銃弾を詰め替える場面があるけど、映画の中で何発撃ったかくらい監督は覚えててよ。そこさえちゃんと描いていたなら完璧な映画だと思う。終わり方なんて意外で面白かった。結末は僕の予想を裏切っていないようで裏切っている。そこへ導く筋書が良かったんだ。

 

 なぜジジイは残忍な人になったのか、元軍人相手に少年少女がいかにして戦うのか。こういう映画の残忍さだけ観るのは良いけど、物語自体の面白さを観てほしい。

 

広告を非表示にする
Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。