海の生き方、フリーダイビングの世界!

 

 一般的に息を止めて深くまで潜ると肺が締め付けられ、スクイズ(スクイーズ)と呼ばれる障害が発生する。肺にスクイズが発生した場合、胸壁から肺が剥離し、非可逆的な損傷を受ける。このため過去には、人間が息をこらえて潜る理論的な限界水深は30数メートル程度と言われていた。
しかし、ジャック・マイヨールが1976年に100メートルの素潜りに成功。2007年6月現在のノー・リミッツでの最高記録はHerbert Nitsch ハーバート・ニッチ(オーストリア)の-214mである。
現在では、閉息大深度潜水時には、水圧により腹部の内臓が横隔膜ごと肺の方向に押し上げられ、肺のスクイズを防ぎ、肺ならびに周辺組織の不可逆的損傷を防いでいることが、明らかになっている。*1

 

news.livedoor.com

 

 上記が世界一ですが、日本一は下記の男性です。

 

www.excite.co.jp

 

 因みに、現役を引退されました。

 

blog.apneaworks.com

 

 実際に映像で観てみましょう。

 

www.youtube.com

 

 息を止めて海へもぐると、脳が酸欠になり、意識を失ってしまう可能性があります。

 

ブラックアウト | ダイビングの危険性~安全に沖縄でダイビングを楽しむための知識

 

 死と隣り合わせの海。そこに魅力、美学、哲学を見出し、実際に目で見てみないとわからない青を求めて、プロのダイバーは海へ戻るのです。その姿勢を「愚行」と視るか「憧憬」と視るかは、貴方次第です。

 

www.youtube.com

 

広告を非表示にする
Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。