読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生に意味が無くてツラいなら、意味を見出せば良いじゃん。

 

ニーチェ
人生に意味を求めるのは弱者のすることである
と言い放ちました
(ノ゜~゜)ノ
人間は
意味などなくても生きていけるというのです
(o゜~゜)oホエ?
生きる意味を見失い
絶望的な状況に置かれても
そこに立ち向かっていき
たくましく生を肯定すること
(゜~゜)ノぁぃ
人生が無意味で無価値であることを
悦ばしいものとして受け入れること
(゜~゜)ノぁぃ
つまり人生は無意味だと承認しながらも
それでも生きていける虚無主義者こそが
もっともたくましい人間だとニーチェは言ったのです
(゜Д゜)ハァ?
なぜなら意味がないと生きていけない人は
意味を失ってしまったら
生きていけなくなるからです*1
 ニヒリストとして生きていける人は凄いと思います。哲学的な疑問が浮かんだ頃は、その言葉は知らずともニヒリストでした。ですが「これが私の人生だ! 素晴らしい!」と、その頃の僕は言えません。だからこそ自殺を2回も試みました。
 ニヒリズムが揺らぐことなく事なく、たくましく生きている人はいるのでしょうか? 居るなら、そういう人には何も言う事はありません。でも、超人になれず自暴自棄になっているなら考え直してほしいです。
 
 僕は自殺未遂の時に臨死体験をして、それをキッカケに一元論者になりました。それでもたまに自殺したくなる衝動がありますが、蝋燭の火を吹き消す様に抑えられます。
 どうやっているかと言うと、世界を悲観的に見るか楽観的に見るかは、しょせん個人の認識である事を思い出すのです。心の持ちようです。
 他人や社会が悪く見えるのも、貴方がそう思っているから世界に現れるのです。
 『人生に意味なんてない、死んでやる!』と考えるから貴方はツラいのです。思い込みを捨ててください。苦しいのも楽しいのも思い込みです。そんなもん辞めちまいましょう。
 どうせ人は死にます。やりたい事を見つけて行動しましょう。
 
 この世に意味や価値がない事を生きやすいと思うのは良いですが、僕みたいに神を信仰して楽に生きるのも有りだと思います。「神? 宗教じゃん! 危ないから嫌だ!」と思われるかもしれません。金品を欲しがる宗教が危険なのです。金儲けに神を使うのは僕も嫌いです。僕は何もねだりませんので、暇潰しに下記も読んでください。『神』に嫌悪感を抱くなら、『意識』と読み替えてください
 
 僕も世界に意味があるとは思いません。ですが、ニーチェみたいな無神論者は辞めました。
 
 人生に運命があると思うと良い事も悪い事も受け入れられます。全ては神の悪戯なんです。その事を信じないから人は苦しむのだと思います。ニヒリズムは人の苦しみを取っ払う事が出来るのでしょうか?
 
 僕は確かに冒頭の引用にあるような、"意味がないと生きていけない人"です。しかし、神は無くなりようがありません。強いて言えば、それは僕が肉体を離れる時であって、用済みだから無くなるのです。問題ありません。これは言い代えると『神』と『意識』は同じという事です。これが理解できた時、苦しみが無くなるか、あるいは現れても素早く消えるでしょう。
 
 僕の考え方は以上です。ここまで読んでいかがだったでしょうか?
 
 苦しみに耐えながら強く生きるニヒリストになるか、苦しみなんて無いと言う不二一元論者になるか、それとも別の思想を極めるのかは、貴方次第です。
 
広告を非表示にする
Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。