読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕に哲学への興味をくれたブログ

物語 哲学・宗教

お題「ひとりの時間の過ごし方」

 何の意志も運命もなく
ただの偶然で成り立ち得るのが
この世界です
( ´~`)ノハーイ
そんな冷淡な世界は
実はいい世界なのではないでしょうか?
(o゜~゜)oホエ?
自分が生まれたことや
人々との出会い
人生の進むべき道
そういったものが
すべてが運命で決まっていて
神様か誰かが操作しているのだとしたら
人間の自由意志というものがなくなり
ただ運命の奴隷になるだけです
(o゜~゜(´ロ`)oガチャ
誰かに操作される人生と
自分で操作する人生
どちらがいいと思いますか?
(゜~゜)
ただの偶然の世界であれば
人は神の意志や運命の束縛から開放されて
主体的な自由意志を持ち
人生を切り開いていくことができます*1

虚無的な内容の空想哲学

 ニヒリストのブログです。なので、僕とは違って神や運命も否定しています。ですが、僕が哲学に興味を持ち出した頃は同じ考えでした。

 リンクを読んでもらえばわかりますが、筆者は悲観主義者です。僕も、このブログを読んでいた頃は暗い思考を持っていました。なので、その思想を深める為にも、このブログを参考にしていた覚えがあります。ですが、神を信じるようになったおかけで、その想念から抜け出す事が出来ました。

 ニヒリストが何故、真逆の思想に移ったのかと思われるかもしれません。それは、悲観主義に陥った為、自殺を試みたからです。詳しくは下記の記事に記してあります。

juliajewelkali.hatenablog.com

 2015年2月から更新されていないので、筆者の体調が心配ですが、どうしようもありません。

 ニヒリズムに興味がある方で、その思想を参考にしたい方にはオススメのブログです。

fumi1.exblog.jp

 明日の12:30には、試しに上記のブログにある記事の一つへ反論してみたいと思います。

Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。