読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人称

物語
 
 一人称が何か決まっていない。小学2,3年くらいは「僕」だったけど途中から友人に「『俺』を使った方がカッコイイよ」と言われてそうした。カッコよさは感じていないが変わったことが好きなので『俺』にした。
 中学生になって自分の事を名前で呼ぶ同級生の女の子をみた。真似した。今でも日常では名前で呼んでいる。でも、ブラックで働いていた頃は自分の事を「僕」と呼んでいた。「俺」ではヤンチャに思えるから。
 使い分けてる。大した意味なんてないのに。しかも、世間体を軽視する信条だったはずなのに、ブラックの先輩に最低限の良い顔しようとしている事を自覚した。
 自分の事なんて名前で呼べばいいのだ。決定。
 
広告を非表示にする
Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。