読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『引き寄せの法則』を信じられる理由と、信じられない理由。

 

 この記事は、ザ・シークレットを否定しないが、肯定もしない。

f:id:juliajewelkali:20160827061727p:plain

 もし貴方が「引き寄せの法則はある」と思うなら、世界に引き寄せの法則が見えるだろう。ないと思っている人にとっては逆の事が起きる。これはどういう事だろうか?
 
 「私が何かを引き寄せた」と思うから、世界に引き寄せの法則があるかの様に思えるのである。でも疑ってほしい。本当に貴方の元へ引き寄せられたのだろうか?
 
 この問いを認めるなら、その『私』はどこにいるのだろう?
 体だろうか、心だろうか。もしくは、そのどちらでもあるか。
 
 体だというなら、この質問に答えて欲しい。
 貴方の体を徐々に削っていったら、いつから貴方は貴方でなくなるのだろう?
 わからないよね。体である根拠は全く不確かなんだよ。
 
 心だというなら、そもそも心とは何か考えてほしい。思考か? それは記憶がないと成り立たない。じゃあ、この二つが合わさると『心』になるのだろう。
 さて、記憶喪失になって「ここはどこ? 私は誰?」となった時、貴方は死んだ事になるのだろうか?
 違うけど違わないと思うよね。じゃあ「心が私である」というのは不確かな根拠だよね。さらに心と体が「私」であるという答えも同時に間違いであると判るよね。
 
 もし納得できないのなら下記の質問に答えてほしい。
 「誰でも、いつか死ぬ」というが、貴方はいつ生まれたのだろう?
 着床した時? じゃあ精子卵子が貴方だったの? その二つはどうやって生まれたの?
 親の親の、そのまた親の・・・って辿って行くと宇宙の起源までいっちゃうよね。でも、それは色々な仮説があって解明されていない。
 
 これでも納得が出来ないなら、「私は何か?」と自問自答してみよう。すると解かる。『私は存在する』なんていうのは、全く根拠がないんだよ。これが理解できると、世界が夢幻であるとわかるよ。でも、文章を読んで鵜呑みにせず、瞑想などをして確かめてみてね。
 
 世界が夢幻だとしても、全ての物が無いかというと、違うんじゃない?
 『私は存在しない』と思っている事を知覚している貴方がいるよね? すぐには解らなくても、じっくり考えてほしい。
 これは、今まで『私』だと思っていたものは幻覚だったけど、確かに存在する『もう一人の私』が在るという事。
 
自分を含めた世界の全てが虚偽だとしても、まさにそのように疑っている意識作用が確実であるならば、そのように意識しているところの我だけはその存在を疑い得ない。「自分は本当は存在しないのではないか?」と疑っている自分自身の存在は否定できない。*1
 
 この世界で確かに言えるのは、『意識が在る』*2という事だけ。この時『引き寄せの法則』は存在しない。それでも『私』*3が『引き寄せの法則』は在ると思いたいのなら思えばいい。そうすると世界に存在させられる。しかし、『私が引き寄せた』なんて事は在り得ない。認めてはならない。行為者なんて存在しないのだから。
 
 上記の事が理解できる人は、世界に結果だけがある事実を意識している。この事を忘れ『私が引き寄せた』と思うと貴方は苦しむ事になるだろう。なぜなら、『私』の存在を認めると「私が苦しんだ」なんて事が在りえるからだ。これは不毛な考えである。それでも認めたいなら勝手にやっていればいいが、オススメはしない。
 
 『意識が在る』という真実だけを認めていれば、世界に苦しみは在れど苦しむ人はいない。もっと言えば、この世界は意識によって在るから、苦しみすら無い。
 
 意識なしに存在するものなんて一つもない。世界を意識するから在るかのように思えているのだ。だから、天国も地獄も、極楽もない。煩悩も悟りも存在しない。仏も凡夫も、修行者もいない。神すらもない。全ては一つであって、一つでない。確かに、意識だけが在る。
 
 つまり『引き寄せの法則』は在るとも無いとも言える。「在って無いようなもの」という表現が一番適しているんじゃないかな。仏教では、これを空(くう)って言うらしい。お坊さんが言ってた。僕は仏教に飽きたんで詳しくは知らんけど。
 
 僕は、どちらか極端な思想に偏ってほしくない。中立の立場にいる事が一番『私』が落ち着いていられるだろうね。お釈迦様は、こういう事が言いたかったんじゃない? 違うか(笑)
 こういうこと坊さんに言うと叱られるからな~。
 
 因みに、僕の考えで行くと有神論寄りの不可知論者で生きる事を勧めます。だって、その方が人生面白いから。夢幻の世界で起きる色んな事は、神の悪戯なんですよ。
 
「神は私利私欲に応えてくれる万能のサンタクロースではない」と述べる牧師オリヴァー・トーマス*4
 
 最後に、こういう思想に至った訳は臨死体験がキッカケです。僕は、どこの信者でもないです。
 
 
 
広告を非表示にする
Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。