読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕が会社に勤めたくない理由

 

 答えは簡単。心地悪いから。学生時代のバイトでも社会人(笑)になってからの仕事でも、片頭痛を理解してもらった事は一度もない。
 「ああ、また先入観で物を言う人か」と思いながらも、バイトしていた頃は自分から辞めなかった。勝手な固定観念に縛られて辛くなった会社側から解雇された。何回もあった。理由としては不当なんだけど、辞められれば良かった。
 社会人(笑)になってからは自分から辞めてやった。バイトの頃もそうだけど、面接の時点で持病について具体的に話しているし、重度の片頭痛持ちだって判る診断書だって渡した。「月に1回、夏場は2回、仕事が手につかない発作が出ます」と伝えた上で、「理解ある会社なので働いてもらえます」と返事をもらった。上から目線なのが癪に障るけど。なのに「頭が痛いくらいで仕事を止められたら困る」って。知らんがな。勝手に困っとけよ。仕事しながら嘔吐したり吐血して職場や書類を汚したら、それはそれでヒステリーになるくせに。ただの頭痛は片頭痛じゃねえよ。
 僕は大人にもなって怒る人が嫌い。恥ずかしい事、愚かな事だって自覚していないから。そういう人と上手くやっていけた事がないし、関わるつもりもない。だから会社で勤めるのは辞めようと思った。他人に迷惑をかけるし、自分も嫌な思いをする。良い事なんてないぜ。
 こうして今は蕎麦職人になったり、ブログで収入を得たり、ラジバンダリ。Youtubeで動画を収益化してみたけど思った通り金にならないね。ヒッピーじゃないけど、会社に勤めないなら手に職もとうって思ったんだ。それに、会社で勤めた頃の経験から拝金主義者は嫌いなので、僕は彼らを反面教師にして金はあまり稼がない事にしてる。東洋哲学に影響を受け過ぎか?(笑)
 社会人(笑)だった頃より収入は少なくても、とても楽に生きられている。前職の先輩に街であったけど、とても暗い顔して買い物してたよ。しかも会社の前とおったけど売り物件になってたもん。俯いてる先輩を見ながら、僕は笑ったよ。
 
 ↓ツイッターフォローしてね!

 
広告を非表示にする
Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。