服を着るのが鬱陶しい

 

 

www.sankei.com

 

 このオッサン面白いね。ヌーディストだったのかな?(笑)

 

 ヌーディズム

刑法上の問題以外でも、ヌーディズムに反対する意見の根幹にあるのは、公共の場などで「裸でいること」そのものに対する反対であり、「裸でいること」を必要条件とするヌーディズム推進派とは根本的に相容れない。ヌーディズム推進派はこれに対し、活動が性愛的な要素を含まないこと、「裸でいること」による健康面における様々な効果、「裸でいること」に対する羞恥心や嫌悪感は後天的なものであることなどを主張している*1

 

 体の形状が違うからなんだっていうんだっていう平和主義的な行いでもあるんだけど、そういう意味でやった訳ではないみたい。でも、こういう強制されている事に逆らう姿勢は好き。だって「服を着る事は当たり前の事だ!」、「着ないで出歩く奴は頭のおかしい奴だ!」って大した根拠ないんじゃん。

 例えば、どこぞの少数民族は乳房を放り出して生活しているから男性は乳房を見ても性的興奮を抱かない。性行為も「子供を作る行為」であって、「快楽を求める行為」、「愛を確かめ合う行為」とは捉えていないって、そういう民族に嫁いだ日本人女性が言ってた。体位を全く変えないし淡泊らしいよ(笑)

 後付けでマスメディアなどの他人から愛とセックスは一緒だと教え込まれただけ。それを受け入れたから、そう思えるだけ。服を着るようになったから、見れない所を見ようとする事、見れる事に性的興奮を抱くようになったんだと思うよ。裸でいる事は動物として普通の事なんだよ。

 この考えを殺人を肯定する思想だと思われそうだけど、動物だって自分を攻撃されると嫌がるからね。僕は犯罪を勧めたりしない。でも、ヌーディズムが必ずしも悪であるとは思わないから記事にした。

 

 ↓ツイッターフォローしてね!

 

広告を非表示にする
Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。