読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デッドプールの感想書き忘れてた

 
 
 
 
 
 
 
 

お題「最近見た映画」

www.youtube.com

 

ニューヨークでトラブルシューターをしながら日銭を稼ぎ生活しているウェイド・ウィルソンは、高級娼婦のヴァネッサ(英語版)と出会い交際し始める。愛し合い結婚の約束をしたウェイドは、意識を失い病院で末期がんと診断される。


ウェイドは酒場に来たリクルーターの男の誘いに乗り、がんの治療と引き換えに極秘の人体実験の被験者となることを決める。それと同時に、ヴァネッサの前から姿を消す。ウェイドは施設でフランシス(英語版)というミュータントの男から細胞を変異させる薬品を投与され、変異を誘発する為に拷問を受ける。ウェイドの細胞は変異し、不死身の肉体を手に入れるが、引き換えに全身が爛れた醜い姿に変異した。意図的に火事を起こして施設から脱出したウェイドだったが、ヴァネッサが醜い自分の姿を受け入れるとは思わず、再会を避けて盲目の老婆アル(英語版)の家に居候する。フランシスの言った言葉を頼りに元の姿に戻るため、覆面をつけて死人が出るかどうかの賭け(Dead Pool)に由来したデッドプールと名乗り、フランシスと組織につながりのある人物を襲撃する。


リクルーターの男からフランシスの居場所を聞きだしたウェイドは高速道路でフランシスを襲撃する。フランシスを追い詰めるが、そこにテレビ放送で騒動を見て駆けつけたミュータントのヒーローチーム「X-MEN」のコロッサス(英語版)とネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッド(英語版)が現れ、彼らと問答している間にフランシスに逃亡されてしまう。


デッドプールの正体を知ったフランシスは人質にヴァネッサを誘拐する。これを知ったウェイドは、コロッサスとネガソニックの協力を得て、フランシスがいる巨大航空母艦がある廃棄場に向かい、フランシスの傭兵を相手に戦いを始める。ウェイドはフランシスを追い詰め元の姿に戻すよう迫るが、フランシスは「元通りにする方法などない」言いウェイドはフランシスを射殺する。
戦いの後にウェイドとヴァネッサは対面し、ウェイドは素顔を見せるが、ヴァネッサはウェイドを受け入れて二人が結ばれて物語は終わる。*1

 

 

 デッドプールを観ましたの。字幕と翻訳で観たけど翻訳の方が冗談が愉快で良かった。ただ、なんで銃と刀の腕が良いのかわからないまま映画が終わる。映画の感想を書く時に何回か言ってるけど、僕はこういうご都合主義が嫌い。

 読んでないけど、原作は経験があるからって事になってる。なんで映画化する時に描かなかったんだ?

 

オハイオ州の小さな町で育ったウェイドは劣悪な環境で育ち家出をする。軍の特殊部隊で訓練を受けそこも出て暗殺者となり、日本に渡り相撲部屋に入門。その部屋の親方の暗殺を依頼されるがこれを断りアメリカに戻る。*2

 

 でも良いなって思ったのは衣装を自分で作っていた所。アイアンマンバットマンも手作りなんだよな。アメコミのこういう所は現実的で良いと思う。

 思い返せば、幼い頃は仮面ライダーが好きだった。今観ると「その衣類はどこから現れたんだ?」って思っちゃう。はじめて手に入れた武器とか使いこなしてるのはなんでやねんとか考えて集中できない(笑)

 

 もう一つ良いと思ったのは、実験に巻き込まれた後。ヴァネッサの跡を付ける場面。街中で偶然見つけるんだけど、話しかけるのを我慢している。自分の爛れた顔を見せて悲しませたくないっていう優しさを感じた。

 冒頭から下ネタを連発する下品な英雄の映画だと思って観てたけど、ちゃんと感情的な部分を描いていて素晴らしかった。

  最後にね、ヴァネッサはその顔を受け入れてキスして終わるの。素敵!キャーッ!

 

 それはさておき、僕ね、超能力を使うスーパーヒーローって嫌いなの。ウォッチメンロールシャッハみたいに心の強さが観たいの。でもね、デッドプールは正義の味方じゃないんだよ! ドーン!

 

www.youtube.com

 

広告を非表示にする
Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。