読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜ多くの社畜は目を醒まさないのか

オカルト・都市伝説 知識・雑学・科学

 

karapaia.livedoor.biz

 

 全体主義権威主義と呼ばれる、支配と奴隷があるような社会じゃ、上記のように道徳的に間違った事が起こる。今の社会にある奴隷は、動物と労働者。動物が奴隷扱いされている事は過去の記事で山ほど書いたので、今回の記事は社畜について。

 

 充実した全体主義

 ある集団の構成者皆が全体のために自発的に奉仕して、それを自然に受け入れる状態を言う。 多くはカリスマ的指導者の下に、ある目的のために一丸となっているので、それが外から見て過酷な環境下にあっても、構成者は苦痛や不満などは生じない。 充実した全体主義の下での集団の多くは排他的であり、異なる考えを持つ者を、集団内多数の意思によって排斥する。 また、他の集団に対して優越意識があり、他より優秀な指導者の下にいると思うことで充実感を持つ。 また逆に状況が変化すると、集団が同じ方向を向いているので、脆くも体制が崩壊する面も持つ。

 

 例えば、日本企業においてはサービス残業の風潮があり、残業をするのは自分が仕事が遅いからとして受け止め、集団に迷惑をかけたくないと言うことで残業代を返上するような事であるが、一旦労働者がそれが労働基準法に違反する事に気づけば、労働争議に発展して、体制は崩壊の危機に直面する事件も起きている。 この状態を利用する指導者は、構成者の多数が反対の意思を示すことが無い為、自在に構成者を利用することが可能である。 また、少数の反対者を差別する事によって、多数の構成者に優越意識を持たせるのも常套手段となる。*1

 

 僕は法律というか道徳的に残業を強制される事を可笑しいと考えて社畜を辞めた。僕は会社の奴隷ではないからである。でも社畜歴の長い人は、それを当たり前の事だって言う。それが働くという事だとも言われた。彼らは洗脳されているのかな。

 そこまでして金が欲しいんだろけど、一度金を得たら、きっとまたお金が欲しいって思うよ。快楽なんて一時的な物だから麻薬みたいに依存してしまう。根性を持って「苦しんでまで金なんていらない」と言えばいいのに、それが出来ない。なぜなら、拝金主義者の奴隷、それが社畜だから。金は苦しみの元だとわかっていない。リストラとかで万が一、社畜が職を失ったら、無敵の人になっちゃう可能性がある。資本主義が生み出した悪魔だよ。

 彼らは社畜である事に満足しているんだ。その生活で満足した人生を歩んでいると思っているんだよ。社畜で在り続ける人にボイコットする根性なんてない。

 

 ↓ツイッターフォローしてね!

 

 関連記事

 

juliajewelkali.hatenablog.com

juliajewelkali.hatenablog.com

juliajewelkali.hatenablog.com

juliajewelkali.hatenablog.com

juliajewelkali.hatenablog.com

juliajewelkali.hatenablog.com

juliajewelkali.hatenablog.com

juliajewelkali.hatenablog.com

juliajewelkali.hatenablog.com

juliajewelkali.hatenablog.com

juliajewelkali.hatenablog.com

juliajewelkali.hatenablog.com

juliajewelkali.hatenablog.com

 

 

Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。