隣人を疑え 『パージ:アナーキー』(ネタバレなし、あらすじあり)

お題「何回も見た映画」

 

2010年代の経済崩壊ののち、アメリカ合衆国は「新しいアメリカ建国の父たち」が治めている。そこでは1年に1晩だけ、19時から翌日7時までのあいだ、殺人を含む全ての犯罪が合法となり、警察、消防、救急医療のサービスが停止される。この制度はパージと呼ばれ、犯罪率と失業率の低下に貢献している。*1

 

 前作は国が頼りにならない様を描いていたが、今回は人間関係の嫌な部分を描いている。パージの時、人々の鬱憤が爆発するのだ。だから序盤から延々と重たい雰囲気で終わるけど、人なんて簡単に信用しちゃならないんだよって事を表している映画だと思う。オススメです。

 

 ↓ツイッターフォローしてね!

 

広告を非表示にする
Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。