読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女子高生でも、やる。 『人狼ゲーム ビーストサイド』(ネタバレなし、あらすじあり)

映画の感想

お題「何回も見た映画」

 

 
高校二年生の愛梨は、アルバイトの帰りに何者かに拉致される。同じ場所には男女10人の高校生が集められ、部屋のモニターから何者かに「この場で起きていることは撮影され、中継されています」と告げられ、「人狼ゲーム」を強制的に開始させられる。ゲームを進めると、そのルールに従って決めた処刑対象者が実際に殺されていく。*1
 
 ビーストサイドは前作とは違って人狼になった女子高生が主人公。ミルグラム実験でいうと正にアイヒマン。この映画は普通の女子高生でもアイヒマンに成り得ると教えてくれる。
  悪い意味で心の強い女性を演じた土屋太鳳。女子高生が簡単に人を欺き、何度も人を殺すその様を悍ましく描いている。やばい。僕はこの映画を観て土屋太鳳に惚れました~! かっこよすぎる~! たまらん~! でもバラエティ番組じゃ愛嬌ある感じも良き~!
 
 ↓ツイッターフォローしてね!

 

Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。