もう一度みたくなるホラー映画 『残穢 -住んではいけない部屋-』(ネタバレなし、あらすじあり)

お題「何回も見た映画」

 

 
京都市で暮らす〈私〉の生業は小説家である。執筆分野は大人向け小説が中心だが、嘗ては少女向けにライトノベルやホラー小説を執筆しており、そのあとがきで読者に「怖い話」の募集を呼び掛けていた。その縁で、嘗ての読者から「怖い話」を実体験として相談されることがある。

2001年末(映画では2012年5月)、嘗ての読者で「岡谷マンション」の204号室に住む30代の女性・久保から1通の手紙が届く。手紙によると、久保がリビングでライターの仕事をしていると背後の開けっ放しの寝室から「畳を掃くような音」がするのだという。更には、翌年に久保から改めて電子メールが届く。相変わらず寝室から右に左に畳を擦るような音が続いたため、振り返ってみると着物の帯のような平たい布が目に入ったという。その話に〈私〉は奇妙な既視感を覚える。同じ頃、転居・同業者の夫との同居を控えていた〈私〉は荷物の整理をする内に、屋嶋という女性から1999年7月に受け取った手紙を目に留める。既視感の正体はこれだったと気づく。屋嶋も自宅マンションである401号室の寝室から時折聞こえる何かが床を掃くような音に悩まされていた。久保と屋嶋の住所は部屋こそ違えど同じマンションだったため、〈私〉は彼女らが遭遇しているのは同じものなのではないだろうかと考える。*1
 
 まず映画の冒頭で怖い場面がある。それを皮切りにエンドロールが流れ終った後も途切れる事なくずっと怖い。洋画のホラーは効果音で驚かせたり怖い特殊メイクで心地悪くさせるだけだが、この映画は物語と雰囲気で視聴者を怖がらせる上に、日本のホラー映画らしく、人の嫌な部分も描いている。
 しかも意外なのがミステリー要素も含まれている所。終盤、あなたの期待を良い意味で裏切る。完璧なホラー映画だった。脳に入れ墨を彫られたみたいに、観終わった後も怖さが残る。それでもあなたはもう一回観たくなる。
 
 ↓ツイッターフォローしてね!

 

*1:

https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E6%AE%8B%E7%A9%A2&oldid=61235671 クリエイティブ・コモンズ 表示-継承 3.0 Unportedライセンスの下で利用可能です

広告を非表示にする
Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。