君は永遠の哲学を知っているか?

お題「自由研究」

永遠の哲学―究極のリアリティ (mind books)

永遠の哲学―究極のリアリティ (mind books)

 

 

 永遠の哲学

 文字が発明される以前から伝承されるヴェーダは、直接的に感覚する経験を対象とし、自己の内的な観察を極度に純化させ、智慧と呼ばれる精神の状態を目指した。主に東洋に広く存在する心理学である。1980年代以降に、トランスパーソナル心理学が研究対象としている。*1

 

 僕も何回か記事にした事のある様な事を「永遠の哲学」と呼ぶそう。これは哲学的な宗教やスピリチュアルを含み、真理を探し求める思想です。答えなんて見つからないだろうと言われるかもしれません。

 僕は不二一元論が好きなんですが、ヒンドゥー教のグル達は「真理は一つだが、悟る人によって表現が違う」と言います。この世界が夢幻だと言う人もいれば、世界は実在であるというグルもいるのです。解釈の違いであって、どちらも正解です。

 

物理的世界は唯一の現実ではなく、それを超越した現実が存在している。物質界は感覚を超えた現実のである。人間は現実の2つの側面を反映している。人間の物質的側面は生成消滅という自然の法則の支配下にあるが、人間のもう一方の側面である、叡智はそれを超えた究極の現実(リアリティ)に通じている。そして人間には究極的なリアリティを認識する能力が備わっている。*2

 

 

 

*1:

心理学 - Wikipedia

*2:

永遠の哲学 - Wikipedia クリエイティブ・コモンズ 表示-継承 3.0 Unportedライセンスの下で利用可能です

広告を非表示にする
Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。