【グラフィティ】君は芸術テロリストと呼ばれた『バンクシー』を知っているか?

お題「ちょっとした贅沢」

  

 

 街中の壁にステンシル(型紙)を使って反資本主義・反権力など政治色の強いグラフィティを残したり、メトロポリタン美術館大英博物館などの館内に、自らの作品を無許可で展示するなどのパフォーマンスにより、一部の人々からは「芸術テロリスト」と呼ばれている。

街頭などへのディスプレイにこだわって芸術活動を行っており、企業の商品とのコラボレートやミュージシャンのアルバムジャケットの依頼等はほとんど全て断っている。*1

 

 バンクシーの正体は不明で、「男性という先入観があるから見つからないのではないか」、「単独というのすら間違いじゃないか」とか色々言われています。

 

matome.naver.jp

 

 ヴァンダリズムは深刻な社会問題となっている。落書き破壊行為の標的となるのは公共物(自動車道の橋脚やフェンス、堤防)、空き家、廃店舗、廃施設の壁やシャッターなどで、こういった落書きの蔓延は自治体、地域の風紀治安の乱れを象徴するものと見なされることが多く、美化のために落書きの消磨に税金を投入することもある。*2 

 

matome.naver.jp

 

 

 Banksyの作品をみて思うのは、彼のやっている行為はヴァンダリズムというより、汚れたものを綺麗にしようという行為なのかもしれません。

 

 

広告を非表示にする
Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。