バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生を観た。

今週のお題「映画の夏」 ネタバレ注意。

 こんなもん正義じゃない。

 

 

 

  スーパーマンは超能力を使うので好きじゃない。バットマンはどちらかと言えば現実的で悪党を殺さず正義を貫くので好きだった。でもそれは勘違いなんだけどね。

 

バットマンが「銃を武器として使わず、人を殺さない」という設定はバットマンが誕生した時には存在していなかったのです。設定がないなら、悪人を殺していたのにも頷けます。バットマンが自らに課したこの律に最も近いセリフがコミックスに登場するのは、1940年の「Batman #4」のこと。バットマンはロビンに「私たちはどんな武器でも(悪人を)殺さない」(”We never kill wth weapons of any kind.”)と話しています。

バットマンは、誕生から1年間は、銃を使い、悪人も殺していたんですね。ただ、それ以降は設定が固まっていったのと、コミックス倫理規定の存在もあり、悪人も殺さなくなったと。バットマンは登場当時は、今と随分状況が違っていたんですね。*1

 

 

 

 悪党を殺すなら殺すで、納得いかないのはバットマンがスーパーマンを殺す一歩手前の場面。

 ヴィランに母親を人質にされバットマンを殺すように言われたと告げる。殺せなかったら人質は死ぬ。つまり、お前のせいで母親が死ぬと。しかもその場に来たスーパーウーマンが、スーパーマンの母親とバットマンの母親は名前が一緒と教える。これにバットマンが同情しちゃって殺すのをやめ、3人で共闘。ヴィランを殺しに行く。

 

 なんやそれ。

 

 正義の味方なら信念を貫いてみろよ。悪だと思う奴は全員殺せよ。

 20階位ありそうな建物からスーパーマンを落とす場面があるんだけど、俺がバットマンなら下にクリプトナイトの槍を用意して百舌の早贄みたいにしてやるね。

 

 本編の続き。スーパーマンは自分の命と引き換えにヴィランを殺す。葬儀の場でバットマンはスーパーウーマンの隣に立ちこう言った。

 「彼の意思を継ぐ」

 

 いやいや!!!

 

 あんた、スーパーマンを悪やと思ってたんちゃうん? 善良な国民に迷惑をかける存在なんやろ? 人の敵になる可能性がある悪なんやろ? なんでそんな奴の意思を継ぐの?

 やっぱりバットマンは正義の味方じゃなくてダークナイトなのかー。

 それともこれがバットマンの正義なのかー。悪だと言うのはあくまで可能性だしねー。スーパーマンの母は何も悪くないもんねー。スーパーマンは殺しても母親まで殺すのはやりすぎって思ったのかなー。自分の命を顧みず悪を絶とうという姿勢に感動したのかなー。

 

 って、納得出来るか!

 

 僕の理想とする正義の味方と、このバットマンは違ったので残念。やっぱり僕が憧れる正義の味方はロールシャッハだね。今回のバットマンと違って信念がぶれない。

 ノーランが演じたバットマンは好きなんだけど。

 

 

広告を非表示にする
Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。